1996年01月01日

profile - Asleep (a.k.a LIGHT IN DARKNESS)

アスリープ(村上フミヒロ)

1995年:細野晴臣が審査委員長として行われた「サウンド&レコーディング・マガジン」誌主催のコンテストで入選。コンテストの優秀作品を集めたコンピレーション・アルバム『エコール』(epic sony)に参加。続いてカセット「LIGHT IN DARKNESS」をUKでリリース。ブリストルのロック・シーンを代表するグループ「ムーンフラワーズ」のメンバーから絶賛される。

1996年:12月、細野晴臣の指名でデイジーワールドのコンピレーション・アルバム『デイジー・ワールド・ツアー』に参加。

1998年:初のフルアルバム制作に入るかたわら、甲田益也子の「ジュピター」の楽曲プロデュース(1曲)、ムーンフラワーズのギタリストや「モーニング・スター」名義でのソロ活動でも注目されるジェシー・バーノンのプロジェクト「プレイズ・スペース・エレクトリック」のリミックスワーク「CONNECTION. EP.」(Angel's Egg)を行い、話題になる。

1999年:10月、デビューアルバム『サウンド・オブ・ドリームス』をデイジーワールドからリリース。1年6ヶ月余りをかけてレコーディングされたアルバムには、ムーンフラワーズのジーナ・グリフィンやサム・バーンズがゲストボーカルとして参加。高い音楽クオリティと新鮮な響きを持ったサウンドに、ポップ感覚と類い希なメロディ・センスで、高い評価を得ている。
(2000年)
posted by admin at 00:20| discs* - artists profile