1996年01月01日

profile - takagi masakatsu

高木正勝

1979年:京都生まれ。京都を活動拠点とする映像/音響作家。

1998年:京都外国語大学(英米語学科)在学中、自費出版の形で『±79』という写真やイラストを集めたポストカードサイズのミックスメディアパッケージを製作発売する。大阪のFM802主催「ストリートアート展」に『±79』が入賞。

1999年:『±79』で音楽を担当していた青木考充とSILICOMを結成。

2001年1月: PROGRESSIVE FOrMからの第1弾ア ーティストとして、映像を手がけた『SILICOM』(DVD)を発表。8月には畠中実(ICC学芸員)のキュレーションにより、初のビデオ・インスタ レーション個展「pia」を開催(@Pepper's Gallery)。10月、アートスペース「ZONE」のオープニングにて、新作ビデオ・インスタレーション「JOURNAL FOR PEOPLE」を発表。その後、NYのレーベルCARPARK RECORDSよりオーディオ CD+CD-ROM2枚組のソロアルバム『pia』を発売。また、ドイツのtomレーベルと共に北米12都市を廻るライブ・ツアーを展開する。11月には、第7回イスタンブール・ビエンナーレのクロージングイベントにてライブパフォーマンスを行う。

2002年:1月、映像を担当したSILICOMのDVD『SILICOM two』を発表。NHK教育『美と出会う』オープニングの映像と音響を担当し、4月より1年間放映。5月にはcarparkから『opus pia』(CD,DVD)をリリースし、また「デレク・ジャーマン特集」の一環として制作した作品が上映される(@シアターイメージ・フォーラム)。6月、ドイツのKaraoke Kalkより『eating』(CD/EP)をリリース。7月には『JOURNAL FOR PEOPLE -audio-』を、8月には同DVDをデイジーワールドより発表。夏には北海道・帯広で開かれたアートフェスティバル『デメーテル』に参加したほか、水戸芸術館の『カフェ・イン・水戸』展にて作品「light park」を展示する。8月から10月にかけてはアニエス・ベーとのコラボレーション「world is so beautiful」が全国のアニエスべーショップ店頭にて開催された。10月にはシンガポールでライブを行ったほか、アップリンク・ファクトリーにて高木の映像特集上映が行われる。11月はcarpark recordsのヨーロッパ・ライブツアーに参加。

2003年:1月、東京都現代美術館「MOTアニュアル:おだやかな日々」にてビデオ・インスタレーションを発表。
3月、つじあやのシングル曲「桜の木の下で」のリミックスを手掛ける。
4月、NHK教育テレビ「ETVスペシャル」のオープニング映像を制作。
6月、Wieden+Kennedyが立ち上げる新しいタイプのレーベル「W+K東京LAB」から新作CD+DVD「rehome」をリリース。
8月末にCD「セイル」、9月末にDVD「world is so beautiful」をdaisyworldよりリリース予定。その他、遊佐美森が高木の曲をカバーし、その曲に高木が映像をつけた「light song」(CD+DVD)も7月末に発売。
秋にはデヴィッド・シルヴィアン氏のツアーに参加し、映像と音楽両方でコラボレーションを行う。

● for TV:
NHK教育『美と出会う』オープニングの映像と音響(2002年4月より1年間放映)。

http://homepage.mac.com/utono/
posted by admin at 00:06| discs* - artists profile