1996年01月01日

profile - Terre Thaemlitz

テ−リ・テムリッツ

1986年:NYに到着したテムリッツは、ロウアー・ イースト・サイドのサブカルチャーに囲まれ、NYのアンダーグラウンド・クラブでDJとしての活動を開始。「チルアウト・ルーム」の先駆けとも言える、さまざまなジャンルやムードが渾然一体となったプレイで有名になった。

1992年:アナログ盤のみをリリースする「Comatonse Recordings」レーベルをスタート。記念すべき1stリリース『COMATOMSE.000』はミックスマスター・モリスとジ・オーブの賞賛を得ている。その後、彼はNYのインスティンクツ・レコードと契約して、フルアルバム 『tranquilizer』を発表。多くのアンビエント・アーティストが古いアナログ・シンセサイザーに頼っているのとは対照的に、デジタル機器をベースにしたテムリッツ独自の「コンピューター・ジェネレーション・シンセシス」を披露している。また、サブハーモニック・レコードからは「WEB」というプロジュクト名でビル・ラズウェルとのコラボレーション・アルバムをリリース。さらにはラズウェルの伝説的なプロジェクトであるマテリアル、細野晴臣、ゴールデン・パロミノス、ウイリアム・バロウズ、ドラム・コンピューター、アダム・シャイキーなどのリミックスも担当。DJとしてはフューチャー・サウンド・オブ・ロンドン、ミックスマスター・モリス、テレンス・マッケンナ、カール・クレイグなどと活動を共にする。その後も「Mille Plateaux」「Soil」「Instinct」、そして主宰の「Comatonse Recordings」などからリリース多数。

現在は日本在住。セクシュアリティをテーマにした映像作品も多く手がけ、数々のライブイベントに出演している。アップリンク・ファクトリーで定期的に開催される「テリコ先生のベリー・ファッキング英会話」の講師もつとめている。

http://www.comatonse.com/
posted by admin at 00:05| discs* - artists profile