2009年02月23日

「細野晴臣の歌謡曲〜20世紀BOX」プロダクション日誌 2

2月16日(月)

仙台でおこなわれた細野さんのインタビューのテープ起こしの原稿が2月11日にあがってきました。ブックレット編集の井出さんから、メールでテキスト・データが7つぶん届きました。時同じくして歌詞カードのタイプ・アップの校正用に、オリジ
ナル・ジャケットの歌詞カードのコピーをコロムビアの八木さんから受け取り、あらためてその質量を実感。重量感のある歌詞カードの厚み。115曲分(今日現在の選曲数)の重み。40年間の時間の重みを感じます。週末には今回のキーパーソン仙台在住の青野さんと、細野さんの作った曲順をもとにディスクごとの時間配分をふまえた調整案の確認。またアートディレクター、ヴァガボンド岡田さんと、井出さんとともに台割〜レイアウトの打合せ。作業はいよいよ佳境です。

最近は寝る間を惜しんで、松本隆さんのエッセイ集や対談集、『風街図鑑』のブックレットを読んでいます。松本さんの詩のなかにある、ナイーヴな感覚と”風街”からはじまる「ここでないどこか」(それは「さよならにっぽん、さよならあめりか」に行き着き、そこからまた旅立って今日に至ります)への憧憬と冒険、そして失望と希望。だまし絵のような創作技法やフィクション性、“プロデューサー/作詞家”としての松本さんの世界観にあらためて惹きつけられます。

daisyworld discs A&R* EA
posted by admin at 23:23| 20th century box

2009年02月02日

「細野晴臣の歌謡曲〜20世紀BOX」

エイプリルフールから40年目の集大成。
細野晴臣の提供楽曲がひもとく日本の20世紀音楽〜歌謡史のアーカイヴス。


細野晴臣 全選曲リマスタリング責任監修

「細野晴臣の歌謡曲〜20世紀BOX」


-細野晴臣提供楽曲集-

初回生産限定商品
CD6枚組 全114曲収録予定 税込定価10,000円
2009年4月29日リリース!
COCP -35491〜6 デイジーワールド・ディスク/コロムビア・ミュージック・エンタティンメント


日本語のロックのオリジネーターとして常に高い評価を得てきたはっぴいえんど、そしてテクノ・ポップの創始者として世界に影響を与え日本では社会現象にもなったYMO、その双方の主宰者として日本のポピュラー・ミュージック界でもっとも重要なミュージシャンのひとり細野晴臣の提供楽曲にスポットをあてたBOXセットです。エイプリルフールでデビューしてから40年の間に細野晴臣によって作曲された200曲を越える楽曲から、細野本人が厳選し選曲した114曲(予定)が6枚のCDに収録されます。『天国のキッス』『ガラスの林檎』『ピンクのモーツアルト』松田聖子、『紐育物語』森進一、『禁区』中森明菜、『風の谷のナウシカ』安田成美、『赤道小町、ドキッ』山下久美子、『ハイスクールララバイ』イモ欽トリオ、『月下美人』松本伊代、『ユー・メイ・ドリーム』シーナ&ザ・ロケット、『紅い花、青い花』薬師丸ひろ子、『連れてってファンタジェン』小泉今日子、『青空挽歌』裕木奈江など、ヒット楽曲ももれなく網羅。20世紀の日本の音楽シーンの中心をになった歌謡曲からJ-POPの歴史をひもとく、第一線級の資料としても貴重な価値を持つBOXセットです。
全曲のリマスタリング作業、そして大きな資料的価値を持つブックレットの編集まで、すべて細野晴臣が責任監修。まさに、決定版といえる細野晴臣の歌謡/ポップ・ミュージックのBOXセットです。

●商品形態
- DISC1-DISC6 6枚組CD ※仕様体裁:トール・サイズ・パッケージ
- 豪華ブックレット144P(予定)

●ブックレット内容
 細野晴臣序文/細野晴臣ロングインタビュー〜楽曲解説/楽曲リスト/オリジナル・ジャケット図版 etc

※ 収録楽曲はデイジーワールドのオフィシャル・サイト及びコロムビア・ミュージック・エンタティンメントのスペシャル・サイトに追って発表いたします。


posted by admin at 03:41| discs* - 4th season

2009年01月31日

「細野晴臣の歌謡曲〜20世紀BOX」プロダクション日誌 1

(daisyworld discs 細野晴臣歌謡ボックス制作委員会)

20th-0131-0.jpg

♪まんはったん、いんざれいん〜(©松本隆)っと、みなさんこんにちは!

「HOSONO BOX」からはや9年、ホソノさんの”歌謡BOX”の編纂作業がいよいよ始まりました。
選曲・インタビューなど、今回の制作でホソノさんをサポートするのは、ホソノさんも信頼をおくリサーチャーの青野裕慈さん。ブックレット編集はPAPER SKYでホソノさんの連載を担当していた井出幸亮さん。アートワークはご存知オカヤンこと、ヴァガボンド岡田崇さん、という布陣でございます。そして、今回は選曲からマスタリングまで、ホソノさんが全面監修とあいなりました。

さてココはどこかといえば、仙台のとあるホテルでございます。雪ですな。しんしん、しますな。しばれます。寒いよ。ホント。しかし歌謡BOXの制作で、なぜ仙台?と思われたあなた、よ〜く気づかれましたな。僕もおなじように思いましたよ。そうですよ。いまでもすこし思ってるよ。

それは先週の打ち合わせの会話、東京・タヌスタにて、
スタッフ「ホソノさん、なぜ仙台なんですか?」
ホソノ 「今年は北北東の方角にむかうといいんだよ」
一同  「なるほど〜!」
となんだかわかったように相づちをうって、仙台行きが決まったのでした。

取材場所の和室に入りコーヒーを飲んだ後に、開運パワーを授かったホソノさんはというと、朝10時からブックレット用の取材を始めるのでした。約10時間!にわたって行われたロング・ロング・インタヴュー!そしてBOXの内容は?……。
次回からあらためて紹介しましょう。お楽しみに!


デジカメ小僧の潜入リポート Vol.1 ←4コマ漫画風なオマケです

20th-0131-1.jpg

おじゃましま〜っす・・・・・・。
おっと、もう始まってるよ。ホソノさん元気そうです。

20th-0131-2.jpg

お・・・。

20th-0131-3.jpg

おおっ・・・。

20th-0131-4.jpg

ちょっとだけよ〜ん。

posted by admin at 18:17| 20th century box

2008年09月17日

花音(カノン)/ ワールドスタンダード

dwww-logo.jpg

2008/10/22 Release
COCP-35205 ¥2,625(税込)

 鈴木惣一朗率いるワールドスタンダード、4年ぶりの新作完成。

日本のポップ・シーンの良心が大勢の仲間たちと作り上げた、
新しくもやさしくムーディーなサウンド。
アートワークは大人気コンピ『リンゴの子守唄』シリーズでも
タッグを組んだ“100%ORANGE”が担当!

●『ふた昔前に始まったデイジーワールドだが、ここに来てまた初期頃の活気を感じている。ワールドスタンダードは見事な成果を生んだ「ディスカヴァー・アメリカ三部作」を経て、今その豊かな経験に裏打ちされた瑞々しさ、軽やかさを手に入れた。音楽を愛して止まない者たちからのプレゼントだ。』(細野晴臣)

このアルバムについての詳細な情報はコチラから

ワールドスタンダード/鈴木惣一朗オフィシャル・サイト「QUIETONE.NET」監修による、ワルスタ期間限定ブログ『なるほど!ザ・ワールドスタンダード』はコチラから

posted by admin at 16:53| discs* - 4th season

2008年08月23日

「グーグーだって猫である」/ オリジナル・サウンドトラック

dwww-logo.jpg

2008/08/27 Release
COCP-35115 ¥2,940(¥2,800)
Produced by Haruomi Hosono

 細野晴臣が3年振りに音楽を担当した
 犬童一心監督の超話題最新作「グーグーだって猫である」
 そのサウンドトラックがリリースされます!


大島弓子の大人気エッセイコミック「グーグーだって猫である」が、08年秋、
犬童一心監督(「ジョゼと虎と魚たち」「眉山」等)の手によって遂に映画化!
小泉今日子・上野樹里など超豪華なキャスティングも大きな話題ですが、
この映画音楽を犬童監督とは「メゾン・ド・ヒミコ」以来3年振りの細野晴臣が担当!

吉祥寺を舞台に、一匹の猫と一人の漫画家を中心とした日常を細野晴臣が生み出す、
ゆったりとした優しいサウンドで包みます。

劇伴の他に、歌モノを3曲収録。
●細野晴臣自らが歌う最新曲『アーユルヴェーダ』
●細野晴臣と小泉今日子によるデュエット曲「good good」
●ハミングキッチンの「パノラマの丘」

参加アーティスト:
細野晴臣、小泉今日子、高田漣、ハミングキッチン、
ワールドスタンダード、青柳拓次、コシミハル、といぼっくす

1.メイン・タイトル
2.サバ
3.ペットショップ
4.パノラマの丘
5.生まれる Part 1
6.ラブ
7.象の花子
8.グーグーとマリー
9.エリザベスカラー
10.ハモニカ横丁
11.幸せ
12.月の夜
13.アーユルヴェーダ
14.広場にて〜青空
15.タロット・ブルース
16.追いかけっこ
17.ダークブルー
18.チア・アップ
19.ペパカフェ・ブルース
20.サバとの再会
21.生まれる Part 2
22.グッド グッド
23.エンド・タイトル

「グーグーだって猫である」オフィシャル・サイトはコチラから
posted by admin at 08:00| discs* - 4th season